ほっこり♨七草粥

食べ過ぎ、飲みすぎてしまいがちな年末年始…


体重…順調に増えていませんか


体重はさておき、

みなさん胃腸 お疲れではありませんか


そんな時にうれしいのが胃にやさしくヘルシーな『七草粥』です。


『七草粥』をたべるのは…

・無病息災

・健康

・長寿

を願うためとも言われています。


青菜が不足しがちなこの時期に、青菜の栄養(ビタミン等)を補い、お正月のご馳走で疲れた胃腸をいたわるのも大きな理由の一つと言えますね


七草には何があるか…みなさん覚えていますか

せり、なずな、はこべら、おぎょう、すずな、すずしろ、ほとけのざの7種類です。


春のななくさ


七草のご紹介

せり…鍋物やお浸しにしても美味しい。消化を助ける作用がある。

なずな…実がついた枝を振ると音が鳴ることからペンペン草の名で知られている。茎が伸びる前の若芽を食べる。

はこべら…風邪に効くビタミンB、ビタミンCが豊富。味噌汁の浮き実にしても美味しい。

おぎょう…ハハコグサ。黄色い花をたくさんつける。昔は草もちに使われており、咳や痰を鎮める。

すずな…カブ。七草粥では葉を食べる。消化促進に効果があるとされる。

すずしろ…ダイコン。漢字では清白と書き、清らかな白さを意味する。七草粥では葉を食べる。

ほとけのざ…タビラコ。葉の付き方が仏様の円座に似ていることからこの名がついた。


大根の葉や蕪の葉が入っていたのはご存知でしたか

また幼少期にペンペン遊んだあの、ペンペン草が入っていたのです


49625808_387226718514412_5608329223799308288_n.jpg

そんなこんなで

我が七里ガ浜ホームの七草粥はこんな感じに出来上がり

みなさんにほっこり食べていただきました





特別養護老人ホーム 七里ガ浜ホーム










関連記事