感染対策研修(後編)

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。


物凄く遅くなりましたが、またまた感染症対策委員会がブログを書かせていただきます。


寒い日々が続いており、冬らしい季節が続いていますね。

(20℃を超えることもありますが…)


引き続き、感染症にも気を付けなければならないですね。


去年の11月ごろ、感染症対策委員会が職員への研修を行い、その後編を報告したいと思います。



感染予防にとって大事なこと、まずは『手指衛生』についてです。

手洗いチェックを行っている様子です。
〇職員研修_201027_57

よ~く手を洗います。
いつも以上に、丁寧に洗う人もいましたが・・・(笑)
〇職員研修_201027_49

丁寧に洗ったつもりが、ブラックライトに手を当てると、意外にも汚れが残っているんですね!!
洗い残しが多い部分は、指の間や手首など、つい洗うのを忘れていまう部分なので、細かいところまで手を洗う習慣を身に付けなければと思いました。
〇職員研修_201027_40


手洗いチェックの次は、ガウンテクニックについてです。
参加者全員に、ディスポ手袋・ガウン・フェイスシールドを配布し、実技を行いました。
〇職員研修_201027_68


今は使う頻度も増え、毎日のように使っているフェイスシールドですが、研修を行った頃はフェイスシールドを使ったことがない職員も多く、作り方の説明を行いました。
〇職員研修_201027_33


フェイスシールドの装着、完了しました!!
〇職員研修_201027_28


実際にガウンテクニックを行っている様子です。
〇職員研修_201027_24

ガウンを着て、
〇職員研修_201027_22

フェイスシールドをつけ、
〇職員研修_201027_15

整いました!!
〇職員研修_201027_11


では、外していきます。
ディスポ手袋を外し、
〇職員研修_201027_8

フェイスシールドを外し、
〇職員研修_201027_6

ガウンを脱いで、完了です。
〇職員研修_201027_4

その他に、ゾーニングについてなどを研修で伝えました。
〇職員研修_201027_26

まだまだ、感染対策を継続していく必要があるので、今後も頑張って取り組んでいきたいと思います。(現在は、集まって行う研修の開催は行っていません。)

関連記事