体験講座に行ってきました!!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

今回のブログでは、車いす体験学習に向けた事前授業として伺った、腰越中学校の車いす体験学習について報告したいと思います。

まず、学生に向けて、
『車いすを見たことありますか?』
『車いすに乗ったことありますか?』
『車いすを操作したことありますか?』
など、簡単な質問を投げ掛けてみました。

多くの学生は手を挙げてくれましたが、なかには『車いすとの関わりが少ない』学生もいました。

しかし、車いすは身近な存在となってきているのです。
巷では空前のラグビーブーム、2019ラグビーワールドカップ日本大会!!
桜のエンブレムを胸に、ラグビー日本代表、初のベスト8に感動しました!!
しかし、
来年の2020年には、東京オリンピックと東京パラリンピックが開催されます。
再び日本で、大注目されるスポーツイベントが始まるのです。
パラリンピックの種目には、車いすを使用したスポーツが数多く含まれています。
・車いすバスケ
・車いすラグビー
・車いすテニス
・車いすフェンシング など
さらに、車いすは身近な存在になっていきます。

外出活動腰中_191030_0003

今回の体験学習では、車いすの使い方やコミュニケーションの取り方など、基本的なことを中心に授業をさせていただきました。
★車いすで困っている方を見かけたら、
〇目線を合わせ優しく声掛けを行い、困っている内容に沿って対応を行うことが大切です。
×後ろから大きな声で、声掛けを行う。→ビックリ!!!!!
×前に立って上から見下ろす。→威圧的で…怖いよ~(泣)

★車いすを押すときは、、
〇操作の速度は歩く程度の速度で、方向を変えるときや止まるときは、声を掛けて知らせることが大切です。
×走る速度で車いすを操作する。→速くて、怖いよ~(震)
×急に曲がったり、止まったりする。→落ちそうになって、ビックリ!!!!!

その他にも、
★車いすに乗る時と車いすから降りる時は、必ずブレーキをかける!!!
外出活動腰中_191030_0002

いろいろと説明を行った後に、車いすの体験を学生に行ってもらいました。
習ったことに注意しながら、車いすの体験学習に取り組んでいました。

授業中は事故やケガもなく、無事に終わることができました。

今回の体験学習後に、福祉施設への体験学習が控えているとのことで、七里ガ浜ホームも学生さんが来るのを楽しみにしています。
皆さんのお越しを、心からお待ちしています。

今回の授業に協力をしていただいた関係者の皆様、お忙しいなか本当にありがとうございました。













特別養護老人ホーム 七里ガ浜ホーム







関連記事